しづこころなく 花の散るらむ🌸

せっかく満開になったと思った途端に、ちらちらと散り始めました。風や雨にさらされながら、どうにかまだ持ち堪えています🌸
「久方の光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ」紀友則
8AAEC0FB-9B78-4C6E-B46F-7FF7E8EDD7EA.jpeg9091A2F8-2ED4-465D-BD6B-63E7857D668D.jpeg6C80B040-6D08-442B-B426-0C6F4B19691C.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

石川則子
2021年04月13日 13:48
昨日お散歩で、偶然訪問させていただき、こんなに素晴らしいお寺さんがあったとは知らず、感激しました。
桜の終わった所で、残念でしたが、来年は是非またこの時期に訪れようと友人と話しました。
また、立派な大木が多く、驚きました。
お寺の中央に皮肌のささくれ、枝の張り出した木があり、見上げた写真を撮ってきたのですが、何という名前の木か気になってしまいました。
こちらのお寺のブログに情報が無いかと探してみましたが見つからず気になって仕方がありません。
良かったら教えていたきたいと思いました。
成顕寺
2021年04月16日 00:37
石川さま、ご来寺ありがとうございます。

ご質問の木(境内中央の木ですよね?)はヒバの木で流山市の保存樹にも指定されています。樹齢500年位ではないかと言われています。

これからツツジの時期を迎えます。どうぞまた足をお運びくださいませ。ご友人様にもよろしくお伝え下さい。
石川則子
2021年04月16日 21:15
お返事ありがとうございます。
ヒバでしたか? 500年とは流石ですね。魂が迫ってくるような迫力を感じました。
是非また伺いたいと思います。
成顕寺
2021年04月17日 07:31
是非おいで下さい。お待ちしております。